【リフォーム】水回りリフォームの下見と、ショールーム見学

マイホーム

お疲れ様です。ラミーです。

先週、水回り関係のリフォームを行うために、3社のリフォーム屋さんに集まってもらい、見積もりを取ってもらうことにしました。

内容は下記の三点です。

 

 

浴室入れ替え

トイレ二箇所入れ替え

トイレ床張替え

キッチン水栓交換

 

というわけで、今回は実際に相見積もりをとったので、その内容に関して書こうと思います。

 

1軒目 家の近くのリフォーム会社

ここは今住んでる家の近くのリフォーム屋さんに来てもらいました。

チェーンで展開していて、名前は聞いたことあるようなところです。

 

ここにはゴールデンウィークのときに一度店舗に相談していて、そのときに色々説明を受けていました。

そんで、一度現調させてくださいということで、その日に来てもらいした。

このとき来てくれたのは、その店舗の店長と、ゴールデンウィークのときに担当してくれた女性の営業の方でした。

(技術屋じゃなくて営業が見にくるのか)

現調自体は1時間足らずで終了し、見積もりは5月18日には出せますということになりました。

2軒目 地域密着型の工務店

ここは私がリフォーム屋さんを探していたときに見つけたリフォーム屋さんで、地元に特化したリフォーム屋さんでした。

チラシではかなり安く工事することを謳っていて、金額的に魅力的だったので、今回現調をお願いしました。

ここも約1時間くらい現調をしていました。

また、家の点検口を開けて床下の高さを測っていました。

「なんで床下の高さを測ってるんですか?」

と聞いたら、浴室下の高さを図るために図っており、点検口があればそれが一番早いからだそうな。

「もし床下点検口がない場合はどうするんですか?」と聞いたら、どこかしらから辿っていいって、これくらいかなーというあたりをつけるしかないそうです。

 

 

やっぱ床下点検口は大事だよ。

 

 

ここはお風呂に関しては「トクラス」というメーカーをおすすめされました。

おそらく付き合いがあるんでしょうね。

(個人的にはTOTOかINAXがいいけど。。)

 

ただ、このリフォーム屋さんの不可解なことは、トイレの値段でした。

 

リ「トイレはどのようなものをお考えですか?ウォシュレット付きのやつですか?」

俺「TOTOのウォシュレットなしの一番安いグレードのやつで検討してます。あまりお金ないので。」

リ「いや、ウォシュレット付きでも価格は7000円くらいしか変わらないですよ」

 

 

ん??

 

 

いや、自分で調べたときはそんなことなかったなと思って、「交換できるくん」というトイレリフォームの会社のホームページをもう一度確認したところ、

 

 

 

 

どう考えても違うじゃねぇかよ!!

13万円くらい違うぞ!!!

 

このエセ情報により、一気にこの会社に対する信頼度がなくなりました。。。(笑)

3軒目 友達が働いてる便利屋さん

2軒目と同じタイミングで、友達が働いている便利屋さんにも来てもらいました。

見てもらうところは全部一緒ですが、大体は1軒目2軒目で教えてもらった情報をこっそり聞いて、それをもとに採寸してました(笑)

 

ただ、水回りの内装工事なので、高すぎるとお金払えなくてきついけど、あまり安すぎてもちょっと心配なので、なかなか判断難しいところですね。

 

ショールームに行ってみよう

リフォーム屋さんの現調が終わったあと、友達の便利屋さんと一緒にショールームに行くことにしました。

INAX

まず最初はINAXのショールームに訪問。

INAXのショールームだと新宿がかなり大きいんですけど、あいにく予約が取れなかったので、今回は新宿ではなく違うところに行きました。

そんでいざ着いてみると、びっくりするくらいガラガラでした。

ここまでガラガラだと逆に不安になるわってくらいガラガラでしたが、予約なしでアテンドもしてくれたし、みたいものがちゃんと見れたのでとても満足でした。

 

私は子供の頃は築40年くらいのボロい集合住宅に住んでいて、実家を出てからも築30年くらいのマンションに住んでるので、水回り関係は古いのしか知らなかったんですけど、

今の技術はこんなにすごいのかと驚きの連続でした。

 

今のトイレって縁ないのね。

今の風呂の床って冷たくないのね

 

ショールーム遊びに行くだけでめっちゃテンション上がりました。

 

TOTO

INAXのショールームを1時間ほど堪能したあと、TOTOのショールームに訪問しました。

INAXのショールームは駐車場に車全然いなかったんですけど、TOTOのショールームは車停めるところないってくらい駐車場がいっぱいでした。

そして、中に入っても人がたくさんいて、予約なしだったらアテンドなんて到底ムリな話でした。

 

これがTOTOの真骨頂なのか。

やはり水回りといえばTOTOなんですかね。なんだかんだ言って王道なんでしょうか。

 

でも、個人的にはトイレに関してはTOTOを入れたいなと思っています。

トイレ=TOTO。

 

また、便利屋さん曰く、水栓に関してもTOTOを使うことが多いとのこと。

その理由として、構造がとてもシンプルなので、工事する側がとてもやりやすいんだとか。

これは水回りの設備を長年作っている会社だから、アフターメンテなどのことも考えて作られているんでしょうか。

まとめ

というわけで、今回は現調とショールームに関する記事を書かせていただきました。

これら3件の見積もりは土曜日には出てくるので、どこで施工をお願いするかを早めに決めようと思います。

 

以上、Feierabend!!オワタ

コメント