【SFC】SFC修行に挑戦してみた その1 計画編

SFC修行

お疲れ様です。ラミーです。

 

私は仕事柄ヨーロッパに行くことが多いので、飛行機に結構な頻度で乗ります。

 

飛行機に乗るとマイルが貯まるんですけど、昔スカンジナビア航空でデンマークに行ったときに、マイルとは別にプレミアムポイントというものが貯まっていました。

スカンジナビア航空は日本のANAと同じスターアライアンスのメンバーのため、ANAのアプリにプレミアムポイントが加算されていました。

 

プレミアムポイントは、お客様が1年間にご利用いただいたANAグループ(ANA・エアージャパン・ANAウイングス)、スター アライアンス加盟航空会社およびスター アライアンス コネクティングパートナー運航便のご搭乗分について、マイルとは別に積算されるポイントです。毎年1月~12月に獲得されたプレミアムポイント数に応じて、翌年度のプレミアムメンバーのステイタスが決まり、ステイタスごとのサービスをご利用いただけます。

引用:プレミアムポイントとは

 

これが加算されたときは「なんじゃこりゃ?」と思ったんですけど、これを改めて調べてみると、

30,000ポイントでブロンズ会員、50,000ポイントでプラチナ会員、100,000ポイントでダイヤモンド会員になれて、各グレードでそれぞれ特典があるということがわかりました。

 

このポイントはANAの所属しているスターアライアンスグループの飛行機に搭乗しても獲得できるのですが、この合計ポイントのうち半分はANAの飛行機に乗って貯める必要があります。

 

2018年は結構ヨーロッパ出張に行く機会が多く、かつ偶然にもスターアライアンスで飛行機に乗ることが多かったんです。

(大体エールフランスかKLMで行ってた)

 

ただ、こちらの上級会員はなってから1年間有効で、その期間また同じポイント数を貯めないと、上級会員を維持できないんです。

 

ただ、色々調べていく内に、SFCという制度を見つけました。

 

SFCとは

まず、SFCとはなんぞやということなんですけども、こちらは「スーパーフライヤーズカード(通称SFC)」というANAが発行しているクレジットカードのことでございます。

 

プレミアムポイントを50,000ポイント貯めて、晴れてプラチナ会員になると、このSFCというクレジットカードを作る資格が得ることができます。

 

これを持っていると、年会費を払い続ける限り上級会員でいられますよという特典が得られます。

 

ネットでいろいろ調べてみると、このSFCを作るために飛行機に搭乗して、プレミアムポイントを50,000ポイントまで獲得する、通称SFC修行と呼ばれる修行をされている方々のブログがたくさんヒットしました。この方のブログはSFCに関して詳しく説明されています。

 

ANAマイラーなら一度は考えるANA上級会員とSFC修行の基本のまとめ | Money Lifehack
ANAのマイルを貯めている方なら一度は考えるのがSFC修行ではないでしょうか。SFC修行とはANAの上級会員になるために、(必要もないのに)飛行機に乗ってプレミアムポイント(PP)とよばれるステータス算定のためのポイントを貯める行為です。

 

SFCを作るチャンス到来

ただ、昨年は2ヶ月に一回の頻度でヨーロッパに旅行しているので、どの航空会社で行ったかを改めて振り返ってみると、2月はKLM、4月と6月はルフトハンザでヨーロッパに行っていました。

 

ルフトハンザはスターアライアンスという航空会社グループのメンバーで、日本のANAと同じグループに属しているんですが、同じグループに所属していると、ANAのマイレージとして獲得することができます。また、最初に書いたとおり、スターアライアンスメンバーの飛行機に搭乗してもプレミアムポイントがもらえます。

 

なので、私のANAマイレージクラブのアプリで確認したところ、

 

6月の段階でこれだけポイントが貯まっていました。

 

そして、前回ドイツに行ったときは帰りの飛行機がANAだったため、ANA便のプレミアムポイントも少し貯まっていました。そのため、

 

 

 

 

あれ、これもしかしたらSFC目指せるんじゃね?

 

 

 

と思い、プラチナになるためにはどのようにすればいいのかを考えることにしました。

 

プラチナ取得に向けての修行計画

というわけで、プラチナになるためにどのようにしてポイントを貯めるかを調べ、下記のブログを参考にしました。

 

【国内線】2018年版/ANA SFC修行のおすすめルートと費用まとめ | まるとANAの旅事情
この記事では2017年・2018年にANAスーパーフライヤーズ(SFC)会員になるためのSFC修行に最適な国内線のルート(路線)、発券方法、コスト、PP単価などを紹介します。もちろんダイヤモンド修行の方にも適応しています。

 

【国際線】2018年版/ANA SFC修行のおすすめルートと費用まとめ | まるとANAの旅事情
この記事では2017年・2018年にANAスーパーフライヤーズ(SFC)会員になるためのSFC修行に最適な国際線のルート(路線)、発券方法、コスト、PP単価などを紹介します。もちろんダイヤモンド修行の方にも適応しています。

羽田ー沖縄(プレミアムクラス)案

SFC修行のサイトをいろいろ漁ってみると、国内で完結する方と、海外も取り入れている方がいました。特に人気なのが、羽田ー沖縄のプレミアムクラスで飛ぶというものでした。なんでもプレミアムポイントが多く獲得できるらしいです。

シミュレーションで確認してみると、これが往復で5,720ポイント。そうすると、50,000ポイントまで5往復しないと達成できないので、この案は中止。

 

調べたらプレミアムクラス結構高くて、5往復したらかなりの出費になってしまう。。。

 

羽田ーシンガポール案

プレミアムポイントの計算率は獲得マイルに基づいて計算されるため、遠くに行けば行くほど多くポイントをもらうことができます。従い、国内よりも海外に行けば多くポイントを得ることができるのです。

 

ただ、上の画像にある「路線倍率」というのがあるんですけど、国内路線は2倍、アジア・オセアニア路線は1.5倍となっています。距離でいうとヨーロッパやアメリカ方面に行ったほうが距離は稼げるんですけど、

それらの便は加算率が1倍のため、費用対効果でいうと1.5倍もらえるアジア・オセアニア方面に行くほうがいいとSFC修行のブログに書いていました。

 

とりわけ人気なのがシンガポール便で、値段が比較的安いのと、変な話日帰りしても特に怪しまれないんだとか。

 

で、ブログに書いてあったのは、シンガポールに行く場合はプレミアムエコノミーで行ったほうがポイントが稼げるということだったため、調べてみると、

 

 

 

プレミアムエコノミーで乗った場合の加算率は10,736ポイントでした。なので、トータルのポイントは34,407ポイント、ANAポイントは17,064ポイントとなりました。

 

この段階で一気にポイントを爆上げできることがわかったので、8月にシンガポールに行くことにしました。

 

まとめ

その後のポイントはそれから考えようということで、このような計画を7月に組み、実行することにしました。

 

というわけで、今回は私がSFC修行を始めた段階のことに関して書かせていただきました。

 

次回は、そのSFCを行った際の忘備録を書こうと思います。

 

以上!!\(^o^)/

コメント