【まんが】東京都北区赤羽を読んでみたら予想以上に癖が強かった

漫画

お疲れ様です。ラミーです。

 

今回は自分が読んで面白かった漫画を紹介しようと思います。

 

その漫画というのが、

 

東京都北区赤羽

 

この漫画が発売されたとき、

北区のとある書店ではONE PIECEの最新刊よりも売れたそうです笑

 

自分は出身が東京都北区なので、

この漫画が出たときに読もうかなと思ったんですけど、

結局その当時は読んでいませんでした。

 

ただ、巡り巡ってこの本を読んでみたらものすごく面白かったです。

 

もっと早く読めばよかった。

東京都北区赤羽を読んだきっかけ

以前会社で一緒に働いている人に、

うちの奥さんがポテトチップスのコンソメパンチが大好きなんですという話をしたところ、

そんな人に読んでもらいたい本があるというので紹介されたのが、

清野とおるさんの

 

その「おこだわり」、俺にもくれよ!!

 

でした。

 

この漫画の中にコンソメパンチの「おこだわり」があると言われたため、

この漫画を貸してもらいました。

 

この本、コンソメパンチの回もさることながら、

かなりこだわりの内容が強いです笑

 

そのこだわりに対して、

毎回主人公の清野さんが毎回大きなリアクションを取るんですが、

読んでいくにつれどんどんクセになっていきました。

 

そんで、貸してくれた人に、

「この漫画がものすごく面白かったです」

という話をしたら、

この「東京都北区赤羽」を貸してくれました。

登場人物が実在する人

この漫画の特徴の一つとして、

他の漫画と異なるポイントがあります。

 

この漫画に出てくる人は、

基本的に実在する人ばかりです。

 

 

ザ・ノンフィクション。

 

 

しかも、絵だけじゃなくて、

ご丁寧に写真も一緒に載ってます笑

 

読んでて思いましたけど、

漫画に写真載せるのって許可取るの大変そうだな…と思いました。

 

ただ、漫画に出てくる人がちゃんと似てるのと、

漫画の中でその人の人間像が想像できるのがいいです。

 

出てくるキャラクターがいちいち癖が強い

この漫画、とにかく登場人物がいちいちインパクト大です。

 

どうやったらこんな人と出会えるの?笑

 

って思えるような人ばかり。

 

個人的にはやっぱりペイティさんイチオシです。

歌うホームレスのペイティさん。

 

女性なんですけど、キャラがピカイチで濃いです。

https://usurabaka.exblog.jp/8590394/

 

作中の中でペイティさんは何度か登場しているんですけど、

数ある歌の中でも、

 

 

セットされた未来人

 

 

という歌が抜きん出てやばいです。

 

よくこんないかれたすごいフレーズ思いつくわ。

居酒屋ちからのご主人

この漫画で登場率がものすごく高いのが居酒屋ちからのご主人です。

 

赤羽に住み始めてすぐくらいに清野さんが入った飲み屋で、

ここの店主がスーパー個性的です。

(お客さんも癖だらけだけど)

 

作中でも触れてますが、

ご主人の人生がなんというかまぁすごいです。

 

そしてそれを漫画で描いちゃうところがさらにすげぇ。

 

この漫画を読みすすめるうちに、

いつか居酒屋ちから行ってみたいなぁと思ってたんですけど、

 

さらに話を読みすすめていくうちに、

このお店が閉店したということを知りました。。。

 

もっとこの漫画に早く出会えてたら

居酒屋ちからに行けたと思うと、

結構悔やまれます。

 

一度行ってみたかったです。

作者の取材力が半端ない

この漫画を読んでいる中で一番すごいと思ったのが、

とにかく作者がいろんなところに足を運んで取材をしているというところです。

 

この漫画には赤羽の様々な場所が登場します。

 

あぁーここ知ってるー!!

 

みたいなことが頻発しました笑

 

そう考えると、赤羽の書店で

この漫画がONE PIECEの販売数を抜いたというのが

なんとなくわかる気がします。

 

ただ、それと同時に

赤羽でも知らないことがこんなにたくさんあったということにも

気付かされました。

 

学生の頃はしょっちゅう赤羽行ってましたけど、

この漫画読んでみると、

自分の知ってるところなんて

ほんの数%だったんだなと感じました。

 

赤羽は予想以上にいかれてた素敵な街だった!!

まとめ

というわけで、

今回はマンガ「東京都北区赤羽」に関して

書かせていただきました。

 

あまりにも面白くて一気読みして、

このブログもほぼ勢いで書いてます。←

 

赤羽出身・在住の方は読んでてかなり面白いと思います。

 

それ以外の方でもこの個性的な登場人物には驚かされるので、

ぜひ読んでほしいマンガです。

 

ネットの漫画サイトでもこの漫画読めるので、

下記のリンクから探してみてください。

以上!!\(^o^)/

コメント