マクドナルドのグラコロとコメダ珈琲のグラクロを食べ比べてみた

グルメ

お疲れ様です。ラミーです。

 

毎年冬になるとマクドナルドで一番好きなメニューが発売されます。

 

 

グラコロ

 

 

自分はこのグラコロが大好きで、

毎冬には必ずグラコロを食べています。

 

今年も早く発売開始しないかなぁと首を長くして待っていたら、

12月2日から発売開始したので、早速食べに行ってきました。

 

マクドナルド「グラコロ」

冒頭に書いた通り、マクドナルドで毎冬発売される限定バーガーです。

グラタンコロッケバーガー。略してグラコロです。

 

今回のグラコロは通常のグラコロとコク旨ビーフシチューグラコロの2種類です。

値段は普通のグラコロが340円、コク旨ビーフグラコロが390円です。

パンがふわふわ

マクドナルドのグラコロはパンがふわっふわな印象を受けました。

これパンだけでも全然いけちゃうくらい美味しい。

サイズは結構小さい

グラコロのサイズは結構食べやすい大きさです。

大きさ的にはフィレオフィッシュくらいでしょうか。

かなり食べやすいです。

 

サイズが食べやすい大きさなので、

グラタンコロッケには早めにありつける事ができます。

グラタンは程よい硬さ

中のグラタンはいい感じの柔らかさです。

個人的にはもう少しトロッとしててもいいかなぁと思いましたが、

作ってから少し時間が経過すると冷めるので、

少し固まるのは仕方ないかなぁと思いました。

コメダ珈琲「グラクロ」

一方、コメダ珈琲では「グラクロ」という商品があります。

なぜグラクロなのかというと、

 

グラタンクロケット

 

を略してグラクロなんだとか。

 

まぁ、ものはいいようですね。←

 

値段は580〜610円と、店舗によって値段が変わります。

 

マクドナルドのグラコロが340円なので、

240円〜270円違います。

 

240円でマクドナルドのダブルチーズバーガーが食べられるので、

それくらいの価格差があります。

(名前が倍チーズバーガーになってた)

出来立てが食べられる

コメダ珈琲のいいところは何と言っても出来立てが食べられる事です。

つまり、揚げたての熱々のグラクロを食べる事ができます。

 

マクドナルドのランチタイムなんかだとどうしても作り置きのものになるので、

いざ食べてみると、

 

あ。。。そこそこ時間経ってんな。

 

っていうのがわかります。(おいしいけどね)

 

ただ、コメダはそれがありません。

その代わり注文してから調理するので5分くらいは待ちます。

店内が混んでたらもっと待つかもしれない。

 

ただ、その待っている間もワクワク間違いなしです。

サイズが規格外にでかい

コメダ珈琲はSNSで時折話題になりますが、

メニューに記載の写真以上にでかい商品がきます。

 

逆写真詐欺です。

 

グラクロも例にもれず、それはまぁでかいやつがきます。

写真だとなかなかこのでかさが伝わらないのが悲しいです。

対比のためにマクドナルドのグラコロ買ってくればよかった。

 

自分の口だと一口かじってもほとんどグラタン到達しませんでした。

衣だけ食べてるような感じ。

 

あと、当然サイズがかなりでかいので、

これ一個食べただけで結構腹いっぱいになります。

値段はマクドナルドより高いですけど、

満足感はかなり強いです。

グラタンはやけどに気をつけて

出来立てが提供されるので、

まぁグラタンは熱いです。

気をつけて食べてても、結構熱いです。

 

ただ、その熱々がまた食欲をそそります。

そして、この暑さによりグラタンの硬さもかなりいい感じです。

まとめ

今回二種類を食べ比べてみましたが、

個人的にはグラクロのほうが好きです。

総合的にみると、サイズ感というか、食べた後の満腹感というか、

そういう点がコメダ珈琲のグラクロの方が大きいです。

 

マクドナルドのやつももちろん美味しいんですけど、

ランチで食べるというよりは、

おやつ的に食べられるくらいのサイズ感ですね。

 

あれだったら2個食べてやっと腹一杯になるかなーってところです。

 

コメダ珈琲は地域によってはあまりないところがあると思いますが、

もし見かけたら一度グラクロ食べてみてほしいです。とっても美味しいので。

 

以上!!\(^o^)/

コメント