ドイツ・エスリンゲンのクリスマスマーケットに行ってきた

ドイツ

お疲れ様です。ラミーです。

今回、この時期にドイツに出張で行ったんですけど、時期的にちょうどクリスマスシーズンだったので、クリスマスマーケットに行ってきました。

 

ドイツと言えばクリスマスマーケットってくらいものすごく有名です。

 

私もこの仕事をする前はいつかドイツのクリスマスマーケットに行きたいなーなんて思っていたこともありましたが、

 

まさか仕事でこんなにもドイツに行くとは思ってもいませんでした。

 

というわけで、今回は自分が訪問したクリスマスマーケットに関して書かせていただきます。

エスリンゲンのクリスマスマーケット

今回はエスリンゲン(Esslingen)という街のクリスマスマーケットに行ってきました。

エスリンゲンという街はドイツ南部のシュトゥットガルトの隣町といった感じです。

 

クリスマスマーケットというと、ドイツだったらニュルンベルクあたりが非常に有名なんですけど、今回連れて行ってくれたドイツ人より、

 

ニュルンベルクのクリスマスマーケットはすごく有名で規模も大きいけど、ほとんどが観光客でごった返してて、売物もハンドメイドのものじゃなくて工場生産のグッズしかないよ。

エスリンゲンのクリスマスマーケットはニュルンベルクよりも雰囲気はもっと伝統的で、昔ながらのクリスマスマーケットが楽しめるよ。

なんならエスリンゲンのクリスマスマーケットは、ドイツの雑誌でクリスマスマーケットベスト5に選ばれてたよ。

 

ということだったので、行ってみることにました。

エスリンゲンという街はシュトゥットガルトの隣町で、シュトゥットガルト から電車で行くことができます。

雰囲気が幻想的!!

なにがすごいって、とにかくマーケットの雰囲気がとにかく幻想的すぎます。

この山小屋を模した出店がたくさん出ており、その山小屋の上には様々な飾り付けがされています。

本当におとぎばなしの世界にいるような感じでした。

 

実は一昨年には違うクリスマスマーケットに行ったことがあったんですけど、そことは規模感がまるでちがいました。

かなり規模がおおきくて、人もすごく多かったです。

 

こんなおしゃれな瓶に入ったお酒なんかも売ってます。

 

こんなメリーゴーランドもあります。

 

こんな雑貨屋さんもあったり、

 

おっきいクリスマスツリーもありました。

 

日本では横浜とかでクリスマスマーケットが開催されていて、そちらもすごくいいんですけど、

何もかもを凌駕するくらい感動的な光景です。

ホットワインとキンダープンシュ

クリスマスマーケットといえばホットワインです。

ドイツの方々はクリスマスマーケットで友達と集って、暖かいホットワインを飲みながら談笑しています。

 

ただ、私はアルコールが苦手なので、ホットワインはあまり得意ではありません。

(なんなら2年前に行ったときほとんど飲めなかった)

なので、私はアルコールの入っていない「キンダープンシュ」(Kinderpunsch)という飲み物を飲みました。

材料はベリー系のお茶とジュースがベースで、それにホットワイン用のスパイスと一緒に煮て作ってるみたいです。

このホットワインやキンダープンシュは、ガラスのジョッキや陶器のマグカップで提供されます。

このとき、飲み物代プラス容器代がデポジットとして2ユーロくらい取られますが、容器を返すとデポジットが返ってきます。

もし容器が欲しい場合はお店の人に言えば新しいグラスをもらえます。

 

各地のクリスマスマーケットによってグラスのデザインが異なり、かつ毎年デザインが変わるので、毎年これを集めている人もいるとか。

 

ちなみに、私はこのときのクリスマスマーケットではグラスはもらわなかったんですけど、

後日訪問した違うクリスマスマーケットでグラスもらいました。

家で作る方法

このキンダープンシュ、すごく美味しかったので家で作れないかなーと調べてみると、作り方を教えてくれるブログがありました。

グリューワインとキンダープンシュの作り方と、燃えるグリューワイン ドイツ/ミュンヘン2特派員ブログ | 地球の歩き方
記事の更新が空いてしまってすみません(´;ω;`) 次男が肺炎になってしまい余裕がなかったのと、長く引きこもり生活が続き、皆さまにお伝えできるミュンヘン情報が無かったのです。 クリスマスという、ドイツに旅行に来られる方が1年でも一番多い時期に、情報...

 

 

どうやらこの時期にはホットワイン用のスパイスパックが売られているらしい。

 

ということで、近くのスーパーで探してみると、

 

 

 

これや!!

 

 

せっかくドイツで美味しいものを飲むことができたので、これを自分用のお土産に買いました。

 

自宅でキンダープンシュ作ったらレビューします。

 

【12月24日追記】

実際にキンダープンシュ作ってみました。

ドイツのクリスマスマーケットで飲んだキンダープンシュを作ってみた
お疲れ様です。ラミーです。 前に書いた記事で、ドイツのクリスマスマーケットに訪問したという記事を書きました。 ここのクリスマスマーケットは非常に寒かったんですけど、幻想的な空間で非常に素敵な場所でした。 そ...

リンゴのドーナツ

クリスマスマーケットで食べた美味しかったスイーツが、輪切りにしたリンゴにドーナツの生地をつけて揚げたお菓子です。

材料はとてもシンプルなんですけど、生地の甘味とリンゴの酸味が絶妙なバランスで美味しかったです。(りんごドーナツの写真撮ったのに、なぜか消えてた…orz)

 

今度家でやってみよう。

カレーソーセージ

クリスマスマーケットではその他の食べ物もありますが、私は今回カリーブルストを食べました。

焼いたソーセージにカレーソースをかけた、これまたシンプルな食べ物なんですけど、ドイツでは非常にポピュラーな食べ物です。

 

こんなシンプルなんですけど、めっちゃうまいんです。

きっとソーセージそのものがうまいんだろうな。

まとめ

ドイツの冬は-2度から0度くらいと寒かったですが、クリスマスマーケットはたまらんですね。

 

ミュンヘンとかフランクフルトなどのおっきい街では、それはもうここよりも規模のでかいクリスマスマーケットが開催されていますが、

エスリンゲンのクリスマスマーケットは、大きいながらも昔の風潮を残して、商業的すぎない素敵なクリスマスマーケットを楽しむことができますよ。

 

場所はシュトゥットガルトから電車でいくような形になるので、正直行きづらい場所ではあるんですけど、もし可能であればぜひ足を伸ばして行ってほしいです。

このシーズンならではで、非常にいい経験ができました。

また冬のシーズンにドイツに行く機会があるといいな。

 

以上!!\(^o^)/

コメント